空を飛ぶ夢


image-8

 

 

「夢」

子供の頃から

時々決まってみる夢がある

「津波の夢」

「道に迷う夢」

「空を飛ぶ夢」

このうち一番寝起きが良いのは

空を飛ぶ夢

 

空を飛ぶってのは

気持ちいいだけではない

鳥と違い、私には羽がないので

平泳ぎで空を飛ぶ

1m浮くのにはかなりのスピードで、かなりの空気を掻かないと浮上しない

下から見るとかなり恥ずかしい姿である

 

たいてい電線のちょっと上迄浮上できる

電線の上からの風景は思いのほか怖いくらいに高い

でも、飛べた!って云う感動はかなりのもんです

 

ところが最近みた

空飛ぶ夢では

赤や黄色の紅葉が広がる甲府盆地を高い山の上から飛んだので

広い高い空を飛ぶ事が出来た

平泳ぎの回数も少なくてすむ

なんとなんと

気分よい

 

しかしながら、目的地が見つけにくくなかなか着地地点が定まらなかった

自分の家も何処なのか探せず

淋しい気分で目が覚めた

 

必死で泳いだ後の風景は

少ししか変わらぬ風景かもしれないけど爽快

そして変わらぬ位置へ着地

 

恵まれた位置からの飛び込みは

見た事もない爽快な風景から

見知らぬ位置へ着地

 

変わらぬ事が幸せで

変えようと必死に泳ぐ事が

喜びだろうな

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。