椅子





今の私には

支えきれなくても

我が子を愛する心は

ずっと壊れない

壊れた椅子になっても

ずっと我が子を支えたい気持ちや

応援する気持ちは変わらないだろう

介護をするような歳となりました

仕事としても介護の仕事を始めました

いろんな歳のとり方や人生があるのだと

思うところがたくさんある

歳を重ねないとわからない事はたくさんある

きっと気持ちは時間とともに変わって行くのかもしれないけれど

今は

頑丈な椅子になって

いつまでも我が子を支えたい気持ち

季刊Be!138号表紙絵

コメントは受け付けていません。