月と砂



鵜持ってしまいそうな砂の背柿




止まったら




埋もれてしまいそうで




もがいている




なかなか前には進めないけど




砂の中には無数の命があり




それぞれのもがく姿に励まされて




前へ進もうともがく







月明かりは手を差し伸ばす事はせず




優しい光を照らし続ける




23017年に制作




額装はオオタマサオ氏






















コメントは受け付けていません。